予備校か独学か!?

地方国家公務員採用試験合格勉強法!

公務員試験勉強お役立ち情報!

予備校か独学か!?

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ予備校か独学か!?


公務員試験勉強の予備校or独学

公務員試験というのは予備校に通って合格する方もいれば、独学で合格する方もいます。今は良い参考書がたくさん出版されていますから、独学でもきちんと勉強できれば合格できる試験であることは間違いないです。ただ独学はさすがに不安だという方もいらっしゃるでしょう。ここでは予備校と独学のメリット・デメリットを比較してみます。

公務員予備校で勉強する

メリット

・カリキュラムに沿って効率的に勉強できる(入学時期によって授業計画されています)
・合格まで最短距離で進むことができる(各予備校によってよく考えられています)
・勉強仲間ができる(同じ目的をもった仲間同士励みになります)
・教材をそろえてくれる(20科目以上ありますから楽です)
・質問しやすい(先生や友人が近くにいますので)
・過去の出題内容・面接内容の情報が閲覧できる(過去のデータをファイリングしています)
・勉強環境が整えられている(空調や遮音環境が整えられています)
・挫折しにくい(仲間がいるとモチベーションもあがります)

デメリット

・費用がかかる(年間20万〜50万程度はかかります)
・通学時間がかかる(予備校は主に都心部にあります)
・授業時間は拘束される(カリキュラムがあらかじめ決められています)

独学で勉強する

メリット

・自分のペースで勉強計画ができる(すべて自分で決めなければなりません)
・費用が抑えられる(実質教材費+模試代などで5万円以内で抑えられるでしょう)

デメリット

・挫折しやすい(1人だとやはり難しい面もあります)
・わからない問題でつまづきやすい(自分で勉強しているとわからない点もでてきやすいです)
・自分で1から勉強しなければならない(基本から応用まですべて自分で勉強します)
・孤独感を得やすい(勉強仲間がいない分孤独意識が強くなります)
・教材も自分でそろえなければならない(どの教材がいいか自分で検討しなければなりません)
・試験情報もすべて自分で収集する(インターネットなどでチェックする必要があります)

予備校と独学の比較まとめ

予備校と独学のメリット・デメリットを比較した上でどちらが自分に向いているのか考えて欲しいのですが、費用に余裕のある方は公務員予備校に通うことをおすすめします。予備校の方が効率よく勉強していけますし、独学で挫折してしまっては時間の無駄です。

独学でやる方は各公務員予備校が実施している模試は必ず受けるようにしましょう!また苦手科目のみ短期集中講座に参加することもおすすめです!

まずは勉強を始める前に資料請求で情報収集!
TAC公務員合格なら大原ヒューマンアカデミークレアール | 東京アカデミー
(1) 公務員予備校から資料請求をした方がいい理由  (2) 公務員予備校別の特徴と評判一覧

次に公務員試験合格マニュアルを活用しよう!
 効率的な勉強方法をマスターするには公務員試験専用のマニュアルが最適です。
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

[←前のページへ] [↑一番上へ] [後のページへ→]

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

 

姉妹サイト公務員試験合格勉強法マニュアル比較!
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

 たくさんある公務員試験の勉強マニュアルの中から、私(管理人)が厳選したものだけを、ランキング形式でご紹介しています!

私が実際に購入して中身を熟読し、評価することで、より受験生の立場にたった、勉強マニュアルの比較サイトになっていると思います!少しでもみなさんの合格の手助けになれば幸いです(^^)

公務員の種類・職種一覧!仕事内容ガイド

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 地方国家公務員採用試験合格勉強法! Since 2008/07-